研究者を目指す学生のつぶやき

 どうもこんにちは。初めまして。私、某国立大学の理系の学部で将来は研究者を目指して日々奮闘している者でございます。研究者を目指し始めたのは随分と小さいころだったような気がします。世の事象の真相を追求するサイエンス、という領域に小さなころからあこがれを抱いていたのを覚えています。高校を卒業して大学に入り、日々研究者を目指してのんびりと、それなりに一生懸命頑張っているのですが、先日私の勉強欲といいますか、はやく研究者になって研究したいとか、もっと勉強したいとかいう気持ちを大いに刺激する出来事があったのです。それは、研究者が集って、それを学生や研究者が傍聴する会でのできごとでした。私が少しばかり、研究者として尊敬している過去に偉業を成し遂げた人物がいるのですが、なんとその人物が現れたのです。私はそのかたはてっきりノーベルみたいにだいぶ昔の人だろうと思っていたのですが、よく考えてみれば現役でバリバリ研究されていてもおかしくない年齢です。その方の講演を聞き、のちに個人的に現在のサイエンスの話を聞かせてもらい、大いに刺激されました。まだまだ学生でちっぽけな存在であることを痛感し、一生懸命の努力ではやく社会に、サイエンスに貢献できる人間になろうと決意したのでありました。中古車査定相場を調べれば高額査定がゲットできる!